トップ 活動報告 議会報告 自己紹介 光子の部屋 後援会だより リンク

 
     
平成22年度 第5回定例会が終了 

  
今期最後となる議会、第5回定例会が終了しました  
    
日程  2月16日〜3月22日
 
2月16日に開会し、25日まで、まず平成22年度補正予算等の説明、質疑・質問、採決が行われました。
 補正予算では、きめ細やかな交付金を活用し、動物園施設改修等の地元中小企業の受注が見込まれる16事業の実施や、住民生活に光をそそぐ交付金を活用して市立図書館や、小・中学校の図書室、地区公民館の図書コーナーの蔵書の整備を行う3000万円の予算等が可決されました。
 引き続いて新年度予算関連の提案が行われました。予算総額(一般会計)は533億5千万円、3月4日から4日間の質疑・質問、10日から6日間の予算特別委員会の審査を経て、22日に賛成多数で採択され、今議会が終了しました。

23年度予算の主な内容
 ○扶助費の増・・・苦しい市民生活を反映して生活保護費等が増えています。
 ○保育料引き下げ・・・保護者の経済的負担の軽減が図られました。
 ○学童保育所の土曜日等の開所時間の改善・・・午前9時からを8時からに
 ○35人以下学級が3年生から4年生までに拡大
 ○地域コミュニティーの推進のために校区まちづくり交付金の新設
 ○定住促進化のための助成金・・・市外から転入者の住宅新築、新幹線定期券に助成金
 ○路線バス維持確保のための助成金
 ○企業誘致促進のための工業団地開発推進費
 ○世界遺産関連費・・・登録推進、関連施設保存整備等

   ※ 
予算額等の詳細は市のホームページをご参照ください。                      

議会改革
 
 今議会から、議会改革の一環として、議会質問も変わりました。
 これまでは、議員の質問時間は、当局の答弁時間も含めて代表質問が90分、一般質問が70分でしたが、今回からは議員の質問時間のみをカウントし、それぞれ45分、35分が確保されることになり、殆どの議員の質問総時間が伸びました。
 また、これまでのように壇上で一括質問をし、再質問から一問一答で行う形と、最初の壇上質問から一問一答で行う形を議員が選んで行うことができるようになりました。私達の会派の松尾議員、湯村議員が早速最初から一問一答形式で行われました。一つの質問に対してすぐ答弁があるので、聞いていてとてもわかりやすいと思いました。
 さらに、当局にはこれまで無かった反問権があり、質問の趣旨等を問い直す反問ができるようになりました。

   

   
  時間がありましたらぜひ傍聴においでください。
  インターネット中継もされます。

 

市議会のインターネット中継
  
大牟田市→市議会→インターネット議会中継で検索できます。


                 


平山光子連絡事務所  大牟田市原山町1-5  電話.(0944)53-1661 FAX(0944)53-1695